トップページへ  樹の散歩道目次へ   続・樹の散歩道目次へ
続・樹の散歩道
  アサ(麻)は電気の導体なのか不導体(絶縁体)なのか


 あまり科学的な表題ではないが、要は栽培される繊維作物としてのアサ科アサ属のアサ(麻、大麻 タイマ、大麻草とも)が電気を通しやすいのか否かということである。
 このこと自体がやや唐突であるが、NHKのラジオ放送で、ある出演者が面白い話を紹介していたことがきっかけで、気になり始めた事情がある。
 その要旨は、「かつて日本国内で繊維作物としてのアサが広く栽培されていた歴史があり、そうした地域で、雷から身を守るには麻の畑に逃げ込むのがよいという伝承がしばしば確認できる。実はアサは重金属を多く吸い上げる性質があって(栽培適地がこうした地質条件のところでもあった。)、このことが関係しているようである。」というのである。 【2013.6】  


 
    檻の中のアサ(麻、大麻、大麻草)
 アサはかつては普通の繊維作物であったが戦後、突然に迫害を受けることになった(後述)。写真は檻の中で厳重管理されているアサの例。
(都立薬用植物園)   
             アサの葉の様子
 檻の中でもすくすくと大きく育っている。特に北海道の北見地方には野生化した大麻が多いとされる。日本国では野生のアサは退治すべき対象となっていて、これに協力することが正しい国民の行いということになっている。(都立薬用植物園) 
 
     
     
 麻と落雷に関する言い伝え

 例によって、安易なウェブ検索によれば、情報の出所は全く不明であるが、以下のような言い伝えがあるという。言い回しは諺(ことわざ)のようには定型化していない。 
 
     
 
@ 雷が鳴ったら麻畑へ逃げろ 
A 麻畑と桑畑に雷は落ちぬ 
B 雷が鳴ったら(麻の)蚊帳に入れ 
C (麻の)蚊帳の中は安全 
 
     
   並べてみたものの、どういうことなのか訳がわからない。一般の諺(ことわざ)、伝承的な知識とはやや異質で、認知度が低く、確かにそのとおりであるなあと認識するに至ることもないし、最近科学的にその正しさが立証されたとも聞かない。したがって、わからないことは講釈のしようもないから、諺、格言等の辞典でも全く採り上げられていない。   
     
 どのような原理が考えられるのか

 実は相反するコメントが存在している。冒頭の話は、(ナマの)アサが電気を通しやすく、いわば避雷針(注)と同様の原理を想定したものと考えられる。一方、「(製品としての)麻は電気が通電しにくく、古代の人が雷から身を守るのには最適の繊維でした・・・」とした記述(科学的な根拠はもちろん示されていない。)もある。
(注)  避雷針の原理は落雷を避けるのではなく、いわば誘雷針であって、避雷針に落ちた雷はアースされた導体を通じて地中に放電される仕組みとなっている。 

 どちらも科学的に確認された説とは思えないが、おもしろ半分に考えてみたい。(以下はあくまで素人の独り言である。) 
 
     
  【導体説(前者)】   
   栽培種のアサは草丈が3メートルにも及ぶとされ、これが本当にたっぷり金属を吸着・蓄積していたら、素人的にはまるで避雷針のように機能しそうな気がしてしまう。しかし、いくら金属を吸着してもその量など微々たるもので、麻畑のビッシリ生育するアサに避雷針の原理が適用できるはずがない。これは単にアサが人の背丈よりも高いから、人には落ちないような気がするだけなのではないだろうか。つまり、背の低い作物で覆われた普通の畑に一人おっ立っているよりは、麻畑に逃げ込んだ方がましと考えたのであろう。しかし、通電性に関してはアサよりも人の体の方がはるかに優れていると思われ、なぜ麻畑が安全なのかについては全く説得力がない。より背丈のある樹木で覆われた森林が落雷に対して安全であるとも聞かない。   
     
  【不導体説(後者)】   
   こちらは逆に絶縁性能が優れているとするものである。しかし、畑に育つ麻の通電性がいいとか悪いとか、議論するような特異性があるとは思えない。仮に通電性を測定して、ほんのわずかにその傾向が認められたとしても、通電性に優れた人の方が雷に狙い撃ちされ易いことに変わりはなさそうである。
 そこで、蚊帳のはなしに関してであるが、落雷に際しては壁際は配線や金属管が埋め込まれているから、(蚊帳を吊った)部屋の中ほどの方がましであろうとする説明があって、これならまだわかりやすい。ただし、一般の住宅の室内で雷の直撃を受けたなどということはそもそも聞いたことがないから、これも説得力がない。本気で実験をする科学者もいないであろう。
 なお、麻が絶縁物としてかつては碍子(がいし)の素材の一部にも利用されていたとする内容が広くコピペされているが、単に乾燥したセルロースであって、それ以上でも以下でもないことは明らかで、麻に特異な絶縁性能があるなどという説明材料にはならないと思われる。

(注)本稿で桑畑は対象としていないが、桑畑には落雷がないというのは、例の“桑原”の話があるなど楽しいものの、いずれもおとぎ話的な内容で、物理的な効果をうたったものではないとされる。 
 
     
   したがって、結局のところ、屋外であれば @身を低くする、A高い木から離れる、B車の中に飛び込む等々の方がいいようである。本件については、もしあればであるが、専門家の分析・見解を期待したい。

 ということで、現時点で麻や麻畑を巡る変な言い伝え(伝説)に関しては全くの迷信と思われ、すっかり興味が失せてしまった。しかし、この自然素材の感触と民俗情報には関心があるので、これを機に少しだけ調べてみることとした。 
 
     
狭義の麻と広義の麻について(麻の種類   
     
 狭義の麻は、国内では紀元以前から栽培の歴史があった(苧麻も同様)と考えられているアサ科のアサ(麻)を指すが、「麻」の語自体は沿革的に類似の植物繊維を採取できる植物及びその繊維の総称として使用されていて、その種類は20種にも及ぶとされる。一般的なものを掲げれば以下のとおりである。   
     
 
@ (アサ) 大、大麻草とも 製品名は大麻、ヘンプ Hemp  (アサ科) 
   衣類素材、神事等用品その他。(事例は後述) 
 栃木県等でわずかに生産があるが、糸・製品は輸入(イタリア、中国)に依存していて、輸入品に対してはヘンプと呼んでいる。繊維が長く強度に優れ、吸湿・発散性に富み、カビ、虫、日光に高い抵抗性を持つとされる。 
 
      大麻(大麻草)の苗
(東京都薬用植物園の檻の中)
     ヘンプ100%の生地
 厚手(10Nm)生成りの製品例
      同左拡大写真
   
A 苧(チョマ) カラムシ、ラミー 製品名は上布(じょうふ)、ラミー、ラミー麻 Ramie  (イラクサ科) 
   在来種のカラムシ及び導入種のラミーを指し、国内生産量は限られていて、伝統工芸品の「上布(夏の和服地)」の原料としても輸入品のラミーが併用されている。衣類、着物素材、家庭用品のほか、皮革工芸の手縫い糸の素材としてもふつうに利用されている。繊維の外観は絹に似た光沢を持ち、強度は特に優れているという。輸入糸・製品は中国産が主。
カラムシを使った紙すきのおあそびはこちらを参照。 
 
        カラムシ
 道端の雑草としてみられるもの
   ラミー100%の浴用タオル
 からみ織り(かため)の製品例
      同左拡大写真
   
B 亜(アマ)Flax  製品名はリンネルliniere(仏)、リネン Linen(英)  (アマ科) 
   かつては国内では唯一、北海道で栽培・生産が見られたが、現在はすべて輸入に依存している。品種として繊維用種と種子用種(搾油用)が存在する。衣類、家庭用品素材として広く利用されていて、ワイシャツからバスマットまで存在する。外観は絹に似て強度が高く、吸湿・発散が速いとされる。主として中国、イタリア等から輸入。 
 
    アマ(フラックス)の花
 花が美しく観賞用にもなっている。
   リネン100%の浴用タオル
 からみ織り(少しかため)の製品例
      同左拡大写真
   
C 黄(オウマ)  製品はジュート Jute 、ジュート麻 (シナノキ科) 
   園芸、庭木用資材として一般的で、結束用の紐のほか、樹木を保護する幹巻き用テープ、搬送用の根巻き用シートとしてジュート布が普通に使用されている。一部カーペットの基布としての利用も見る。繊維は非常に柔らかいが、日光に対する抵抗性は低いとされる。バングラデシュが主な生産国。 

 写真はジュートの細紐
   
D マニラ Manila hemp  (バショウ科) 
   綱引きの綱も含めて、ロープ素材として一般的である。繊維は少々固い。  名前のとおりフィリピンでの栽培の歴史が長い。 

 写真は輪かんじきに使用されていたマニラ麻の紐 
  
   
E サイザル Sisal (リュウゼツラン科) 
   工芸素材、カーペット、ロープ、ダーツボードなど。サイザル麻紐は園芸用等の結束用として普通に販売されている。質感はやや硬く、シュロ縄に近い印象がある。主要生産国はブラジル、タンザニア。
 
ケニヤのナイロビではサイザル麻の様々なデザインのバッグがお手頃なお土産品として販売されているのを見たことがある。

 写真はサイザル麻の細紐
   
   その他のものとして、国内では太平洋戦争前や戦時中には繊維をとるためにイラクサ科のヤブマオアカソ(いずれもヤブマオ属)も利用された(世界有用植物事典)という。
 主要な麻類繊維の特性に関しては、日本麻紡績協会のホームページに詳しい。 
 
     
 狭義の麻(アサ)が利用された製品

 麻の国内生産については、歴史的には綿、さらには羊毛の登場に伴い、次第に生産量が低下したものの、戦前までは国内各地でアサ(大麻)が栽培されていたという。しかし、敗戦後の歪んだ占領政策で、麻の栽培が厳しく規制されることとなり、さらには多様な化学繊維の利用が拡大する中で大きく生産量を減じ、現在では栃木県等の一部で知事の免許の下にわずかに生産されているに過ぎない。

 かつて麻が使用されていた、あるいは現在でも使用されている製品の事例は以下のとおりである。麻は古代から日常の衣類を含めて広く使用されてきた歴史があるため、結果として現在でも儀礼や神事にその習慣が変わらず残っている点が興味深い。

   以下、「アサ」及び「麻」の語はアサ科アサ属のアサ(麻、大麻 タイマ、大麻草とも)を指すこととし、特にこの種を明示する必要がある場合は「大麻」と表記する。  
 
     
 
麻織物  大麻の繊維製品は存在するが、シェアが低いため、家庭用品品質表示法に基づく品質表示として「麻」と表示されるのは奇妙なことに苧麻や亜麻の製品に限られている。 
蚊帳(かや)  現在でも大麻100%の蚊帳が存在する。その他の素材としては、大麻+苧麻、綿、ナイロン、レーヨン混紡製等を見る。かつては廉価な紙製の蚊帳も見た。 
畳表経糸(たていと)  かつては大麻製であったが、現在は高級品に限られていて、主に綿、ジュート、マニラ麻製が使用されている。マニラ麻は上質な畳表で使用されている。 
鼻緒の芯  栃木県産の大麻が下駄の鼻緒の芯縄として利用されている事例を確認した。現在では高級な下駄に限られた利用となっている模様である。 
漁網・漁具用等ロープ 繊維が強靱である大麻の特性が発揮された用途であったが、すでに他の素材に置き換わっている。 
浜松祭りの大凧の糸  凧揚げ合戦で使用されている大凧の揚げ糸は、栃木県産の野州麻(やしゅうあさ)製(太さ5ミリ)である。糸を互いに切り合うのが醍醐味となっていて、公平を期すために糸の仕様は統一されている。 
弓の弦(つる)  和弓の弦の材料は、苧麻や大麻などの麻繊維のほか、現在ではケブラー等の合成繊維が使用されている。 
横綱の綱  横綱が締める綱は大麻の縄の三本撚りで、力士達が製作に当たることになっていて、この作業を「綱打ち式」と呼んでいる。 
しめ縄(注連縄)  一部で大麻が使用されている。 
幣束(へいそく)  神主がお祓いに使用するもので、現在では紙製の紙垂をつけたものが主であるが、麻の繊維を垂らしたものが存在する。御幣(ごへい)、幣(ぬさ)とも。 
結納の友白髪  結納品のひとつで、白い麻の繊維(素材は確認できない。)を束ねたもの。ともに白髪の生えるまで、末永く幸せにという願いが込められている。共白髪とも。友白髪の代わりに高砂人形(老夫婦人形)使用される。 
 
     
   古い時代には、大麻苧麻は生活に密着した素材として、広く利用されていたはずであるが、改めて身の回り(あくまでも自分の管理下)を探索したところ、わずかに「麻」と表示した製品を確認したものの、日常の生活用品としてはあまり目立たない存在と化していることが確認できる。

 繊維製品としての麻類の感触に関しては、総論的にシャリ感として知られているところであるが、大麻、苧麻、亜麻の3種を視覚的に識別するのは難しそうである。

 家庭用品品質表示法の下では、繊維製品としての「麻」の表示は苧麻(ラミー、カラムシ)亜麻(リネン)を指す指定用語となっているが、このことはあまり知られていないし、仮に知っていてもラミーなのかリネンなのかを識別することは困難であろう。
 このように実態に照らして好ましくない奇妙な制度となっていて、さらにこれに起因して本家の大麻は「麻」として表示できないこととなっているめ、輸入された大麻の製品では、仕方なく「指定外繊維(ヘンプ)」と表示している例を確認した。 

 衣料品としては亜麻由来のリネン100%又は混紡の素材が夏用のどちらかといえば上質の製品に使用されている。
 麻類については、自然素材としてのよさを見直し、生活に取り入れようとする機運も見られ、ヘンプやリネンのふんどしまで存在する。これらを愛用する者は、身体の最も繊細な部分でこれら素材の感触を体感的によく知っていて、的確な表現で質感を講評・評価できるかも知れない。 
 
     
 
 日本で古来利用されている模様に「麻の葉」模様があって、着物の柄として知られている。元々は東西に古くから見られる模様とされ、日本では麻の葉を連想するところからこの名があるとされる。麻の葉は育ちが速いことから、これにあやかって、麻の葉柄の産着を使う習慣がまだ一部に残っている。その他、麻の葉模様は工芸のデザインにも取り入れられているほか、手拭いの模様等としても目にする。   
    麻の葉模様の風呂敷の例(部分)
 
     
 アサの収穫後の主な処理工程

 草本植物から繊維を採取するのは、樹木の樹皮から繊維を採取するよりは手間を要しないとされるが、それでも大変な労力がかかるようである。以下はアサに係る主な処理工程である。
 
収穫(引き抜き)→ 葉を落として根切り(麻切り)→ 押切りで定尺に切り揃え→ 熱湯にくぐらせる(湯かけ)→ 天日で晒し(屋外乾燥)→ 水に浸してから床伏せ(発酵により剥皮が容易となる)→ 剥皮(麻剥ぎ)→ 表皮除去(麻引き、麻掻き)→ 屋内乾燥 → 湯に浸けた後に雪晒し → 湯に浸けた後に屋外乾燥→ 揉んでほぐす → 糸車で糸紡ぎ→ 機織り

(参考資料)
ものと人間の文化史 78-T草木布T:竹内淳子(1995.7.1 財団法人法政大学出版局)
麻 −大いなる繊維−:栃木県立博物館(平成11年8月1日 第65回企画展図録) 
 
     
 アサ、大麻のあらまし(参考資料)   
     
 
【平凡社世界大百科事典(抄)】
 アサ(麻)の語は、狭義にはタイマ(大麻)の別称であり、それから採れる繊維をもさす。また、広義にはタイマに類似した靱皮繊維を採る植物、およびその繊維の総称でもあるが、一般的にはタイマのことをアサと呼ぶことが多い。国内では大麻および苧麻の2種が紀元以前において人為的に栽植されていたことはほぼ確実とされている。 
【平凡社世界有用植物事典(抄)】
タイマ(大麻)Cannabis sativa L.: 
 中央アジア原産の1年草。古い時代から繊維をとるために栽培されてきた。たんにアサとも呼ばれる。日本には中国から渡来したとされ、弥生時代にはすでに栽培されていたらしい。
 葉は、細長い楕円形の小葉が3〜9枚掌状に集まる複葉で、長い柄がある。茎の高さはふつう2〜3メートルである。雌雄異株。
 夏に茎を収穫し、蒸して皮をはぎ、繊維をとる。繊維は織物、ロープ、漁網などに使う。アサ(タイマ)を古くは苧(お)とよんだが、皮をはいだ茎は苧殻(おがら 麻茎とも)とよび、盆の迎え火、送り火をたくのに用い、供物に添える苧殻箸とする。種子は苧実(おのみ)すなわち麻の実で、薬味として使い、七味唐辛子に入れられる。小鳥の餌にもされる。麻の果実は30%余の乾性油を含み、搾った黄緑色の苧実油(おのみゆ)は食用や工業用にされる。
 タイマの穂や葉などには幻覚物質が含まれているが、品種によって含有量が異なり、日本の栽培品種にはほとんど含まれていないといわれるが、麻畑で労働する人に、麻酔い(麻酔ではない)があるといわれる。
 タイマの栽培は麻薬使用防止のために免許制とされ、一般人の栽培は禁止されている。現在は、繊維用として栃木県などで栽培されている。
 成熟した大麻の雌株の花序と上部の葉から分泌される琥珀色の樹脂を粉にしたものをハシーシュ Hashish とよぶが、栽培したタイマの花序からとったものをガンジャ Ganja 、野生のものの花序や葉からとったものをマリファナ Marihuana (ブハング Bhang )といい、後者ほど精神作用が弱い。一般には、これらを大麻と総称する(1961年のWHOの大麻に関する用語統一による)。 アメリカでの大麻喫煙は各州法に基づいて実質的解禁状態であるが、日本では大麻取締法により、大麻を売ったり、所有したり、使用したりすると5年以下の懲役となる。 
【原色日本薬用植物図鑑】(全改訂昭和56年)
アサ:
雌株の未熟花穂および葉にカンナビノイドと呼ぶ麻薬性の成分を含む品種があり、この部分を集めたものを大麻(たいま、Cannabis herba)ハシシュ(英:hashish)マリファナ(スペイン語:malijuana)などと呼んでいる。以前は鎮静、催眠、鎮痛薬として用いられたが、現在は薬用として用いられることはなく、麻薬として栽培、製造、所持、使用いずれも禁止されている。大麻に含まれるカンナビノイドは品種によって差があり、麻薬性成分を含む種類をインドアサ Cannabis sativa L.var. indica Lamark として区別することがあるが、形態的には区別できず、元来このような成分を含まなかった日本の繊維用のアサも最近では交雑して、麻薬成分を含むようになってしまっている。最近(昭和56年ころの最近)、日本古来の麻薬成分を含まない品種を遺伝学的に分離することに成功し、安全なアサ(→ 後述)の栽培が復活している。 
【その他】

 大麻の向精神作用の源はTHC(テトラヒドロカンナビノール)という生理活性成分に求められるが、それは「トップ」とよばれる雌株の花序に比較的多く含まれている。大麻の雌株の花序をもむと、粘着性のある黒い樹脂が指につく。これを集めて固め、乾燥させたものがハシシュである。(朝日百科植物の世界)

 GHQの命令で(強制されて)昭和23年に大麻取締法ができた。ただ、大麻が痲薬かどうかはっきりしていなかったので、麻薬取締法(麻薬及び向精神薬取締法)とは別に大麻の法律ができたもの。かつては日本政府は(繊維として)大麻の栽培と使用を奨励していた。大麻は痲薬ではなく、習慣性もない。(武田邦彦) 
 
     
 麻の字のある地名の例

 北海道・江別市・大麻(おおあさ)
 「大麻(おおあさ)」とは「大曲(おおまがり)」と「麻畑(あさばたけ)」の二つの地区名の頭文字をとったものとされる。北海道では開拓史が当初は大麻を、後に亜麻の栽培を奨励した歴史があるが、「麻畑」がいずれに由来するのかは確認できない。当地にはJR大麻駅(おおあさえき)があるが、初めて駅名を見た者は必ず「たいま」と読んでしまって、ドキドキすることになる。

 北海道・札幌市・麻生(あさぶ)
 北海道における亜麻を原料にした製麻の発祥地であったことから、後年に地名が改称されたもの。地下鉄「麻生駅」がある。

 東京キ・麻布(あざぶ)
 こちらは麻には全く関係ないとのことである。 
 
     
 メモ

 大麻取締法制定以前に栽培されていた国内の大麻について、幻覚成分をほとんど含まない品種であったとされる一方で畑では麻酔いの現象があったとか、一般的な栽培が禁止されてて以降、交雑が進行して幻覚成分が高まったとか(前掲参考資料)、詳しい真相はよくわからない。

 しかし、いつものことながら、禁止されるとより強い誘惑に取り付かれる者が必ずいて、戦後の免許制の下での栽培地では、かつては見られなかった盗採が続出した歴史があるという。こうした現状から、1983年に、栃木県が幻覚成分をほとんど含有しない大麻の品種「とちぎしろ」を開発して品種登録(登録品種としての有効期限は1997年に終了している。)した経過があり、現在もこうした品種が細々と栽培されているものと思われる。

 大麻栽培が例外的な免許制によるもの以外を禁じているのは、戦勝国たる米国による政策によるものであるが、大麻に対する狂気にも近い取り締まり姿勢は、かつての自国文化を平気で否定したものとなっているのみならず、他の先進国の制度とはかけ離れた実態となっている。
 結果として、わが国では狭い自室でこっそり大麻を栽培する若者がしばしば見られ、これが明らかとなるや二度と立ち上がれなくなるほど徹底的に締め上げられるとともに、社会的にも叩きのめされ、極悪非道の非国民扱いとなる。一方、ヨーロッパのある街角では合法的な大麻を気負うことなく生活の一部としてカフェで燻らせる風景が見られるようであり、また、日本を叩きのめした米国では実質的に解禁状態となっていて、さらに医療的効用も認知されて、こうした目的の大麻の個人栽培や流通も見られるという。押しつけ規制を神の律法の如くに墨守する日本の姿は既に滑稽なものとなっている。